日本のカイロプラクティックのあり方を考えて40年!今、国民目線からみた第一歩とは。



 

国際カイロプラクティック師連盟(FJIC)とは

目的

国際カイロプラクティック師連盟(FJIC)は、1999年2月に設立された カイロプラクティック療法業団体です。 2008年12月1日より一般社団法人として、より社会に貢献できる カイロプラクティック団体を目指し、国民生活に有益な カイロプラクティック・ヘルスケアの普及啓蒙を行っております。 所属会員は、すべて世界保健機関(WHO)による 「 カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドライン」に準拠した教育プログラムもしくは同等水準の教育を修了しています。

理念

日本固有の人類学に適応できるカイロプラクティック・ヘルスケアの確立を目指しています。 それは、世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)である世界カイロプラクティック連合(WFC)の国際教育憲章においても尊重されています。

歴史

前身は、1967年創立の瓢箪山健康道場・本部の認定審査会に端を発しており、のちに近畿療術師連絡協議会、国際カイロプラクティックリサーチ協会の設立も手掛けています。1999年2月に米国CCE公認大学教育承認校 国際カイロプラクティック専門学院(現 国際カイロプラクティックカレッジ)の卒後認定団体として設立され、認定証授与、施術所開設届作成、業務指導、資質・地位向上を図るための各種研修活動を行って参りました。2008年12月1日より一般社団法人として、日本のカイロプラクティック療法業団体として活動を開始致すこととなりました。

既得権保護

国民生活に有益なカイロプラクティック・ヘルスケアの普及啓蒙を図るためには、日本のカイロプラクティック施術者の資質を一定水準に引き上げる事が急務とされています。また、国家資格化に備えても学術レベルの標準化は、既得権保護としての絶対条件となり得るものと確信しております。
国際カイロプラクティック師連盟(FJIC)は、短期養成のカイロプラクティック施術者に対して資質向上を広く呼びかけるものであり、早急に正当な教育を補填されますことを願っております。
入会資格の取得については、 入会案内をご覧下さい。

役員紹介

代表理事 岡田 恵舟(国際カイロプラクティックカレッジ 理事長)
常務理事 高谷 文英(たかたにカイロ医学療術院 院長)
理事 野口 浩昭(泉川カイロプラクティック 院長)
理事 田井中 崇徳(松寿堂カイロプラクティック院 院長)
理事 林 紀宏(ライフスタイルカイロプラクティック 院長)
理事 冨永 太充(冨永カイロプラクティックオフィス 院長)
理事 伊藤 綾(Botanix Chiropractic Lab 代表)
理事 石津 貴之(石津カイロプラクティック院 院長)
監事 岡田 勇(関節ケアルーム 院長)
事務局長 岡部 みゆき(国際カイロプラクティックカレッジ 副理事長/事務局長)

各委員会

認定審査委員会
安全基準審査委員会
学術推進委員会
行政指導受託委員会
広報委員会
研究委員会

その他暫定委員会

法制化推進委員会